お知らせ、情報(意見)交換など、自由に活用ください。 (観一同窓会東京支部公式ホームページ管理者)

観一同窓会東京支部掲示板

30463
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

同窓会東京支部総会(11月17日)と会誌『燧』のご案内 牧潤二

2018/10/21 (Sun) 00:45:51

 観一高同窓会東京支部では平成30年10月9日に会誌『燧』と同窓会東京支部総会(11月17日11時30分、東海大学校友会館)の案内状の第1回発送作業、10月13日に第2回の発送作業を行いました。
 したがいまして本日の段階で、ヤマトDM便にて、東京支部総会の案内状と会誌『燧』等が、ほとんどの同窓会員の皆様に届いたかと存じます。

 それを踏まえて、平成30年度の東京支部総会の案内状(当番幹事の観一35回の皆さんが作成)のPDFファイルを、同窓会東京支部のホームページ(http://kan1.jp)での「総会のご案内」のページで表示・ダウンロードできるようにしました。
 また、下記アドレスが、その総会案内状のPDFファイルとの直接リンクとなっています。
http://kan1.jp/2018soukai-annai.pdf

 なお、現時点でも平成30年度の会誌『燧』および東京支部総会の案内状等が届いていない場合、あるいは、この人(同窓会員)に『燧』等を送ってほしいという場合は、同窓会東京支部(メールbeatexpress@outlook.com、TEL/FAX 03-6457-6077)までお知らせください。すぐに、対応いたします。

  (以上)

遠距離介護支援交流会(10月21日)のご案内 牧潤二

2018/10/17 (Wed) 22:29:12


 観一高同窓会東京支部の公認クラブである遠距離介護支援交流会が、10月21日(日)午後1時から、下記の会場で開催されます。
 これは、クラブ活動といっても、決して堅苦しい集まりではありません。介護あるいは遠距離介護を実践していたり、介護や「地域包括ケア」、在宅医療などに関心がある同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、会場にお越し下さい。会員/非会員といった厳密な区別はなく、自由に参加できる集まりです(詳細下記)。
 なお、ご出席の場合は、事前にメール等で連絡をいただければ幸いです。

●遠距離介護支援交流会(平成30年第4回)
・世話人:長谷川澄治氏(観一19回)、牧潤二(観一20回)
・日時:平成30年10月21日(日曜)午後1時~3時
・会場:喫茶室ルノアール・大久保店 会議室(マイスペース)1号室
・所在地:東京都新宿区百人町1-18-8 大久保角ビル2階 (電話3368-2209)
 (JR大久保駅徒歩2分、JR新大久保駅徒歩7分)
・参加の費用:飲み物代(約600円)だけ自己負担をお願いいたします
・参加の申し込み/問い合わせなど:下記のメールアドレスに
beatexpress@outlook.com(当日の世話人/幹事長・牧潤二宛)
・当日の直接的連絡:携帯電話070-5541-1071(上記、牧潤二宛)
◎今回の主な内容:
 (1) 認知症予防に関する情報交換
 (2)話題提供:このほど厚生労働省が通知を発出した「市町村や地域包括支援センターにおける身元保証等高齢者サポート事業に関する相談への対応について」、「介護保険サービスと保険外サービスを組み合わせて提供する場合の取扱いについて」など

  (以上)

燧句会(10月2日午後3時~)ご案内 牧潤二

2018/09/22 (Sat) 19:06:20

 観一同窓会東京支部の公認クラブである燧句会が、下記の日程・会場で開催されます。
 俳句あるいは「燧句会」に関心があったり、場合によっては参加してもよいとお考えの同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、この定例句会(詳細下記)に、見学者として参加ください。その場合は、メール(アドレス下記、牧潤二宛)で事前に連絡をいただければ幸いです。
beatexpress@outlook.com
 また、投句のルールも整備し、「兼題1句以上、当季雑詠合わせて3句投句」としています。投句の場合は当面、会費は無料の扱いとしています。その手段はメール、郵便、FAXのいずれでもかまいませんが、句会の前々日(9月30日)までに送付ください。

●燧句会(平成30年10月定例)
・日時:平成30年10月2日(火曜)午後3時~5時
・兼題:「野分」
・会場:ルノアール日本橋高島屋前店 [1号室]
    東京都中央区日本橋2-3-6 日本土地ビル地下1階
    地下鉄銀座線日本橋駅B3番出口でて左手の交差点を右折し日本橋南郵便局の前地下1階(地図:下記アドレス)
https://www.ginza-renoir.co.jp/shopsearch/shops/view/39
    電話番号 03-3272-8048
・参加費:1,000円程度(お茶代含む)

会誌『燧』等の発送作業(10月9日)のボランティアを募集します 牧潤二

2018/09/15 (Sat) 18:57:03

 観一高同窓会東京支部では、平成30年度の会誌『燧』等の発送作業を、10月9日(火)13時~17時に、JR新大久保駅近くの皆中稲荷神社・社務所(東京都新宿区百人町1-11-16、電話03-3361-4398)で行います。

 また昨年同様、その作業は、約15名のボランティア(志願者)で行うこととし、その募集を始めさせていただきます。
 このボランティアは、同窓会東京支部の一般の同窓会員の皆様も対象です。5人(詳細下記)でチームを作っての応募も大歓迎です。

 当日(10月9日)のスケジュール感は、13時に皆中稲荷神社・社務所に集まり、5人一組で3チーム(計15名)を作り、それぞれのチームに執行部の者が1名付き、流れ作業のスタイルで、17時までに終了する、というものです。作業の状態が何であれ、17時でボランティアの皆さんによる作業はやめますので(作業が残った場合は執行部の者が引き継ぎます)、同日夜は自由に予定を組んでください。

 なお、お礼の意味で、作業の終了後には、軽食(または食券等)を出させていただきます(お持ち帰りいただいてもかまいません)。

 以上のようなボランティアに応募してよいという場合は(問い合わせも含めて)、メールで、下記アドレスにご連絡ください。もちろん、当日において急用ができたような場合は、欠席いただいて何の問題もありません。
beatexpress@outlook.com (幹事長・牧潤二 宛)

『燧』の特集2:就活についての原稿募集のお知らせ 牧潤二

2018/06/09 (Sat) 18:55:42


 今年度(平成29年度)の観一高同窓会東京支部会誌『燧』では、「東京で就職したいッ!」と題して就活(就職活動)をとりあげることになりました。以下の内容にて原稿の募集を始めますので、同窓会員の皆様のご協力、よろしくお願いいたします。

            記

1. 主旨
東京方面で就職や転職を考えている観一生・卒業生にとって、首都圏に住む観一OB・OGは宝の山です。後進のために生きた情報を提供し、つながりをつくっていきたいと思います。

2. 要項
・タイトル:20文字以内 
・本文:1,000文字以内
・写真:職場やお仕事の様子が伝わるもの(可能であれば出来る限りお願いします)
・お名前、卒業回、顔写真、会社名

3. 内容
以下の内容を分けてご紹介ください。
(1) 仕事内容
(2) どうしてこの会社を選んだか
(3) 観一の後輩にひとこと
これらの要素があれば、それ以上は自由にお書きいただいてかまいません。
*作例は以下のリンクをご参照ください。
https://www.dropbox.com/s/72020psnv4buhbc/%E5%B0%B1%E6%B4%BB%E7%89%B9%E9%9B%86%E3%81%AE%E4%BD%9C%E4%BE%8B.pdf?dl=0

※ 上記アドレスをクリックしても正しく表示されない場合は、
 メールソフトによってはアドレスの途中で改行されるため、
 クリックしても内容が正しく表示されないことがあります。
 その場合は、改行の前後にあるアドレスの文字をそれぞれコピーし、
 ブラウザのアドレスを指定する欄に貼り付け、前後をつなぐようにして、
 お使いください。

4. 締め切り
 平成30年7月末日(必着)

5. 問合せ/原稿の送付先
 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-5-13-106
 観一高同窓会東京支部 (TEL/FAX 03-6457-6077)
 メールで送付の場合 beatexpress@outlook.com
※ 原稿を受け付けましたら、必ず、ご連絡(返信)いたします。

  (以上)

『燧』の特集1:温泉についての原稿募集のお知らせ 牧潤二

2018/06/09 (Sat) 18:54:26

 今年度(平成29年度)の『燧』では、「温泉」と「就活」のふたつの特集を組むことになりました。このうち「温泉」について、以下に、編集委員の浅間良尚さん(観一31回)による原稿募集の案内をそのまま掲載します。
 ふるってご応募ください。


        特集「○○温泉、ええよ?。行ってみて。」
              原稿 大募集

  「高瀬温泉、ええよ?」「最近、香川にも温泉いっぱいあるらしいな」
    「ぼくらが高校のころは、塩江くらいしかなかったのになあ」
         「燧の次の特集にええんちゃう?」
 同期の集まりで持ち上がったそんな話が、編集会議、拡大幹事会で承認され、
     今年の『燧』は「温泉」を特集することになりました。

というわけで、みなさまより、おすすめの温泉についての原稿を募集いたします。
 ご実家の近くにできた温泉、関東近郊で見つけた湯処、とっておきの美人の湯、
    思い出の湯の町、お休みの日によく利用するスーパー銭湯などなど、
         エピソードとともにお寄せください。
     温泉ガイドとはひと味ちがう、東京・観一生ならではの温泉話、
        『燧』誌上で楽しく交換しあいましょう。


1. 対象の温泉 
 具体的な温泉を紹介いただく場合には、読者のみなさんが行きやすい身近な関東の
 温泉や、香川県の温泉がベストです。
 温泉への思いなどのエッセイの場合はこの限りではありません。

2. 要項
・見出し:20文字程度  
・本文:500文字以内(写真2点の場合は400文字以内)
・写真:1、2点(ご自身で撮影されたもの。本人が写っているものがあればベターです)
・情報:温泉名、所在地
・お名前、卒業回
*作例は以下のアドレスを参照してください。
https://www.dropbox.com/s/zsk86zd7xsht1c3/%E6%B8%A9%E6%B3%89%E7%89%B9%E9%9B%86%E3%81%AE%E4%BD%9C%E4%BE%8B.pdf?dl=0

3. 締め切り
 平成30年7月末日(必着)

4. 問合せ/原稿の送付先
 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-5-13-106
 観一高同窓会東京支部 (TEL/FAX 03-6457-6077)
 メールで送付の場合 beatexpress@outlook.com
※ 原稿を受け付けましたら、必ず、ご連絡(返信)いたします。

  (以上)

燧句会(6月15日)、遠距離介護交流支援会(6月17日)ご案内 牧潤二

2018/06/02 (Sat) 22:30:49


 観一同窓会東京支部の公認クラブである、(1) 燧句会、(2) 遠距離介護支援交流会が、それぞれ下記の日程・会場で開催されます。
 いずれの会も、見学としての参加も大歓迎です。また、燧句会におきましては、投句も受け付けています。
 それぞれ、詳細は下記のとおりです。
 

1.燧句会(6月15日 午後6時半から)
 俳句あるいは「燧句会」に関心があったり、場合によっては参加してもよいとお考えの同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、この定例句会(詳細下記)に、見学者として参加ください。その場合は、メール(アドレス下記、牧潤二宛)で事前に連絡をいただければ幸いです。
beatexpress@outlook.com
 また、投句のルールも整備し、「兼題1句以上、当季雑詠合わせて3句投句」としています。投句の場合は当面、会費は無料の扱いとしています。その手段はメール、郵便、FAXのいずれでもかまいませんが、句会の前々日(6月13日)までに送付ください。詳細につきましては、メール等(上記アドレス)でお問い合わせ下さい。

●燧句会(平成30年6月定例)
・日時:平成30年6月15日(金曜)午後6時30分~8時30分
・兼題:「時鳥」
・会場:ルノアール・ニュー新宿3丁目店 会議室(マイスペース)1号室
・所在地:新宿区新宿3-4-1 東新宿ビル地下2階 電話03-3355-1299
  (都営地下鉄新宿3丁目駅徒歩0分、下記アドレスご参照)
https://www.ginza-renoir.co.jp/shopsearch/shops/view/121
・参加費:1,000円程度(お茶代含む)


 2.遠距離介護交流支援会(6月17日 午後1時から)
 遠距離介護支援交流会は原則として2カ月に1回(偶数月)、第3日曜日に開催することにしています。
 これは、クラブ活動といっても、決して堅苦しい集まりではありません。介護あるいは遠距離介護を実践していたり、介護や「地域包括ケア」、在宅医療などに関心がある同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、会場にお越し下さい。会員/非会員といった厳密な区別はなく、自由に参加できる集まりです。
 なお、ご出席の場合は、事前にメール等で連絡をいただければ幸いです。

●遠距離介護支援交流会(平成30年第3回)
・世話人:長谷川澄治氏(観一19回)、牧潤二(観一20回)
・日時:平成30年6月17日(日曜)午後1時~3時
・会場:喫茶室ルノアール・大久保店 会議室(マイスペース)1号室
・所在地:東京都新宿区百人町1-18-8 大久保角ビル2階 (電話3368-2209)
 (JR大久保駅徒歩2分、JR新大久保駅徒歩7分)
・参加の費用:飲み物代(約600円)だけ自己負担をお願いいたします
・参加の申し込み/問い合わせなど:下記のメールアドレスに
beatexpress@outlook.com(当日の世話人/幹事長・牧潤二宛)
・当日の直接的連絡:携帯電話070-5541-1071(上記、牧潤二宛)
◎今回の主な内容:
 (1) 認知症予防に関する情報交換
 (2)介護現場の課題と対策(平成30年度改定を踏まえて)
 (3) 話題提供:高額療養費制度が今年8月診療分から改定
 (4) 併せて、各人の近況報告/最近の取り組み

  (以上)

平成30年度の会誌『燧』の原稿募集中! 牧潤二

2018/05/31 (Thu) 22:53:29


 今年度(平成30年度)の観一高同窓会東京支部会誌『燧』に掲載する、一般原稿(通常原稿)の募集を始めました。
 その詳細は、下記のとおりです。どうぞ、気軽にご執筆、遠慮なく寄稿ください。
 また、不明な点がありましたら、いつでも、同窓会東京支部のほうにお問い合わせください。
 なお、今年度の「特集」に関しましては別途、案内をさせていただきます。

     記

1.お寄せいただきたい一般原稿(通常原稿)
(1) エッセイ、リポート等(500字~3,000字程度、テーマは自由、別途写真の掲載も可能)
(2) 従前からの「ちょっと良い話」に相当する話題(400~500字程度、別途写真1点程度の掲載可能)
(3) 「同窓会報告」(1,000字~3,000字、別途写真1点程度)
(4) 文字以外の表現形式として、例えば写真/絵画/漫画など(1~4ページ想定)
(5) その他

2.締め切り
平成30年7月末日(必着)

3.問合せ/原稿の送付先
 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-5-13-106
 観一高同窓会東京支部 (TEL/FAX 03-6457-6077)
 メールで送付の場合 beatexpress@outlook.com 
※ 原稿を受け付けましたら、必ず、ご連絡(返信)いたします。

4.基本レイアウトと執筆要領(参考)
 『燧』での基本となるレイアウトは、1ページが23字×37行×横2段で1702文字となりますが、タイトル、氏名などを入れますので、最初の1ページ目は1,300字、2ページ目以降は1,600字を目安としてください。
 「巻頭言」など一部の記事は他のレイアウト(2段組以外)、俳句・短歌などは縦組みを想定しています。
 ワープロソフトでの設定は、横2段組にこだわらず、1行23字に設定しておいていただければ結構です。執筆に当たっての編集上の基本的ルールは次のとおりです。
 ○ 改行した場合(段落を改めた場合)、1行目は1字下げます(1マス空けます)。
 ○ 原則として算用数字(半角)を使用し、3桁ごとに位取りの半角カンマを入れます。ただし、桁が大きい場合は「万」「億」「兆」などの単位を付け、この場合は位取りの半角カンマは入れません。実際に「万」、「億」「兆」などの単位を付けるかどうかは、執筆者が内容・文脈で判断してください。
 ○ 成句や慣用句などは漢数字とします。例えば「数10人」ではなく「数十人」。
 ○ 句読点は、原則としてテン(、)、マル(。)を使います(カンマ、ピリオドは使いません)。

 (以上)

同窓会員の皆様が出品する3つの展覧会(6月)ご案内 牧潤二

2018/05/30 (Wed) 22:13:35

 今年(平成30年)6月に、画家の真鍋茂明氏(観一20回)が出品する「猫のまま展」、「書きおろし童話展2018」、画家の狩野裕子氏(観一25回)が出品する「一創会展」が、開催されます。
 それぞれ、詳細は下記のとおりです。
 近くを通る機会がありましたら、どうぞ、お寄りください。


 1.猫のまま展
 参加作家は真鍋茂明氏(観一20回、三豊市在住)ら4名で、「猫は思うがままに振る舞い、人は想うがままに表現する。」をキャッチフレーズに開催。
●会期:2018年6月8日(金)~17日(日)※木曜日休廊
    12時~19時 (最終日は17時まで)
●会場:ギャラリー来舎 梅猫庵 (TEL 03-6326-2126)
●所在地:東京都世田谷区梅丘1-44-10 
   (小田急「梅ケ丘駅」から徒歩2分)
●ギャラリー来舎ホームページ:下記アドレス
https://gallerykiya.jp/
◎真鍋茂明氏は、会期の最終日(17日)に在廊の予定です。

 2.書きおろし童話展2018 ―新作童話にイメージ画を添えて―
 昨年に引き続き、観一同期(20回卒)の真鍋茂明氏(画家)、すぎもとれいこ(杉本礼子)氏(作家)のコラボレーションとなっているのが、大きな特徴です。
 今回、新作童話「きもちがいいね!」を発表する作家のすぎもとれいこ氏は、愛媛県在住で、観一高20回卒。昨年と同様、観一高で同期の真鍋茂明氏が、その童話に絵を提供し、この絵も展示されます。
●会期:2018年6月11日(月)~18日(月)
    11時~18時(初日14時から、最終日17時まで)
●会場:アートギャラリー道玄坂 (電話0120-236-224)
●所在地:東京都渋谷区道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂102
 渋谷駅直結「渋谷マークシティ」4Fの246側出口を出て右手のビル
●会場のアートギャラリー道玄坂のホームページ:下記アドレス
http://www.artshibuya.com/
●主催:日本児童文芸家協会
●日本児童文芸家協会「書きおろし童話展2018」ホームページ:下記アドレス
http://www.jidoubungei.jp/cn9/pg47703.html
◎真鍋茂明氏は、会期の最終日(18日)に在廊の予定です。

 3.第40回記念「一創会展」
 昨年の一創会展(第39回)で「東京賞」を受賞した狩野裕子氏(観一25回)が、今回(第40回記念)はパステル画「さくら河」(43.5×58.5)、新作の油彩「結の花が咲きほこる」(F100号)の2点を出品します。
●会期:2018年6月15日(金)~21日(木) (6月18日(月)休館)
   午前9時30分~午後5時30分(最終日は午後2時終了)
   (入場は午後5時まで、最終日は午後1時30分に入場締切)
●一創会展の内容:油彩画、水彩画、版画
●観覧料:一般500円、大学生・高校生400円
     中学生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(2名)無料
●会場:東京都美術館・2階 第2展示室
●所在地:東京都台東区上野公園8-36
    (電話:03-3823-6921)
●会場のホームページ:下記アドレス
http://www.tobikan.jp/
●主催:一創会(問い合わせ電話:04-7133-7880)
◎狩野裕子氏は、15日(金)、20日(水)、21日(木)それぞれの午後が受付当番の予定です。

 (以上)

全国展フォトコンテスト(観一生2名が優秀賞)、燧句会(5月25日)ご案内 牧潤二

2018/05/16 (Wed) 22:33:20

 日本写真文化協会主催の「第64回全国展フォトコンテスト」で観一生2名が優秀賞を受賞、その表彰式が5月28日、発表展が5月28日~6月3日に、それぞれ東京・上野の東京都美術館で行われます。
 同窓会東京支部の公式クラブである燧句会が、5月25日(金)に開催されます。
 それぞれ、詳細は下記のとおりです。
 
 1.第64回全国展フォトコンテスト
 一般社団法人日本写真文化協会が今年4月13日付で「第64回全国展フォトコンテスト」の全入賞者を発表。その「学生の部」(組写真・単写真、応募609件)で、観音寺一高の関晏菜さんの作品「年輪」、芳重綺音さんの作品「ドッペルゲンガー…?」が、それぞれ優秀賞を受賞しました。
 その表彰式が5月28日(月)、東京都美術館・講堂で開催されます。
 また、入賞 ・入選 ・優秀賞作品の発表展示会が5月28日(月)から6月3日(日)まで、東京・上野の東京都美術館で開催されます。
 それぞれ、詳細は下記のとおりです。

◎表彰式
・日時:平成30年5月28日(月) 13:30~14:45(受付13:00~13:30)
・会場:東京都美術館・講堂
   東京都台東区上野公園8-36 電話03-3823-6921
◎発表展 ※入場無料
・日時:平成30年5月28日(月)~6月3日(日) ※期間中無休
・会場:東京都美術館 ギャラリーB
   東京都台東区上野公園8-36
【表彰式・発表展=下記アドレスご参照】
http://www.sha-bunkyo.or.jp/gallery/zenkoku64.html
【「学生の部」金・銀・銅賞、優秀賞=下記アドレスご参照】
http://www.sha-bunkyo.or.jp/gallery/zenkoku64_4.html


 2.燧句会(5月25日18時30分より)
 俳句あるいは「燧句会」に関心があったり、場合によっては参加してもよいとお考えの同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、この5月定例の燧句会(詳細下記)に、見学者として参加ください。その場合は、メール(アドレス下記、牧潤二宛)で事前に連絡をいただければ幸いです。
beatexpress@outlook.com
 また、投句のルールも整備し、「兼題1句以上、当季雑詠合わせて3句投句」としています。投句の場合は当面、会費は無料の扱いとしています。その手段はメール、郵便、FAXのいずれでもかまいませんが、句会の前々日(5月23日)までに送付ください。詳細につきましては、メール等(上記アドレス)でお問い合わせ下さい。

●燧句会(平成30年5月定例)
・日時:平成30年5月25日(金曜)午後6時30分~8時30分
・兼題:苺(いちご)
・会場:ルノアール・新宿小滝橋通り店(マイスペース)2号室
・所在地:東京都新宿区西新宿7-9-7 新宿ニッカビル1F
     電話番号 03-3364-1618
・地図等:下記アドレスご参照
https://www.ginza-renoir.co.jp/shopsearch/shops/view/123
・会費:1,000円(予定)

 (以上)


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.