お知らせ、情報(意見)交換など、自由に活用ください。 (観一同窓会東京支部公式ホームページ管理者)

観一同窓会東京支部掲示板

29365
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

萩原謡子さん(観一22回)、3月11日に新宿で『ありがとう~ふるさと』演奏 牧潤二

2018/02/19 (Mon) 22:25:14

 萩原謡子さん(観一22回)が作詞・作曲・編曲、唄が対馬一誠さんのCD『ありがとう~ふるるさと』が昨年3月に(株)徳間ジャパンコミュニケーションズから発売されましたが、今年(2018年)3月11日(日)に新宿の京王プラザホテルで開催される「東日本大震災復興支援チャリティーディナーショー東京2018」の第2幕「対馬一誠デビュー20周年 スペシャルディナーショー」で、萩原さんがゲスト出演し、ピアノ演奏をします。
 その詳細は、下記のとおりです。

     記

東日本大震災復興支援チャリティーディナーショー東京2018
●日時:2018年3月11日(日)15時30分開場 16時開演
●会場:京王プラザホテル 5Fエミネンスホール
●所在地:東京都新宿区西新宿2-2-1(TEL. 03-3344-0111)
●会費:13,000円(税込)
●構成:
第1幕 震災復興特別セミナー 開演16時
第2幕 対馬一誠デビュー20周年 スペシャルディナーショー
    ディナー17時30分 ショータイム18時30分
    萩原謡子さんがゲスト出演、『ありがとう~ふるるさと』ピアノ演奏
●主催:IS震災災害復興支援事務局(下記アドレス)
http://issei-it.com
●問合せ・申し込み先:萩原謡子さん(観一22回)
 〒590-0946大阪府堺市堺区熊野町東3-2-25-101
 TEL 072-350-9742 FAX 072-344-5202

(以上)

燧句会(2月17日)、遠距離介護交流支援会(2月18日)ご案内 牧潤二

2018/02/01 (Thu) 21:13:40


 観一同窓会東京支部の公認クラブである、(1) 燧句会、(2) 遠距離介護支援交流会が、下記の日程・会場で開催されます。
 いずれの会も、見学としての参加も大歓迎です。また、燧句会におきましては、投句も受け付けています。
 それぞれ、詳細は下記のとおりです。
 
 1.燧句会(2月17日午後3時から)
 俳句あるいは「燧句会」に関心があったり、場合によっては参加してもよいとお考えの同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、この定例句会(詳細下記)に、見学者として参加ください。その場合は、メール(アドレス下記、牧潤二宛)で事前に連絡をいただければ幸いです。
beatexpress@outlook.com
 また、投句のルールも整備し、「兼題1句以上、当季雑詠合わせて3句投句」としています。投句の場合は当面、会費は無料の扱いとしています。その手段はメール、郵便、FAXのいずれでもかまいませんが、句会の前々日(2月15日)までに送付ください。詳細につきましては、メール等(上記アドレス)でお問い合わせ下さい。
●燧句会(平成30年2月定例)
・日時:平成30年2月17日(土曜)午後3時~5時
・兼題:猫の恋
・会場:ルノアール・ニュー新宿3丁目店 会議室・1号室
・所在地:東京都新宿区新宿3-4-1 東新宿ビル地下2階 (電話番号 03-3355-1299)
・地図等:下記アドレスご参照
https://www.ginza-renoir.co.jp/shopsearch/shops/view/121
・参加費:1,000円程度(お茶代含む)


2.遠距離介護交流支援会(2月18日午後1時から)
 遠距離介護支援交流会は原則として2カ月に1回(偶数月)、第3日曜日に開催することにしています。
 これは、クラブ活動といっても、決して堅苦しい集まりではありません。介護あるいは遠距離介護を実践していたり、介護や「地域包括ケア」、在宅医療などに関心がある同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、会場にお越し下さい。会員/非会員といった厳密な区別はなく、自由に参加できる集まりです。
 なお、今回の会場の上限は12名ですので、事前にメール等で「出席」の連絡をいただければ幸いです。
●遠距離介護支援交流会(平成30年第1回)
・世話人:長谷川澄治氏(観一19回)、牧潤二(観一20回)
・日時:平成30年2月18日(日曜)午後1時~3時
・会場:喫茶室ルノアール・大久保店 会議室(マイスペース)1号室 (上限12名)
・所在地:東京都新宿区百人町1-18-8 大久保角ビル2階 (電話3368-2209)
 (JR大久保駅徒歩2分、JR新大久保駅徒歩7分)
・参加の費用:飲み物代(約600円)だけ自己負担をお願いいたします
・参加の申し込み/問い合わせなど:下記のメールアドレスに
beatexpress@outlook.com(当日の世話人/幹事長・牧潤二宛)
・当日の直接的連絡:携帯電話070-5541-1071(上記、牧潤二宛)
・会場の予約者名(ドアの表示):観一同窓会東京支部
◎今回の主な内容:
 (1) 各人の取り組み(近況)の報告
 (2) ホームページの充実について
 (3) 平成30年度のスケジュールと取り組みについて
 (4) 平成30年度の診療報酬・介護報酬の同時改定の内容(リポート)
 (5) その他

  (以上)

がんばれ観音寺応援隊の情報交換会・懇親会(2月24日)のご案内 牧潤二

2018/01/17 (Wed) 23:40:29

 がんばれ観音寺応援隊の関東周辺在住者の情報交換会および懇親会が、観音寺市の主催で、平成30年2月24日(土)14時から、東京・千代田区の東京グリーンパレスで開かれます。
 観音寺市として今回のような趣旨の会合(情報交換会・懇親会)を東京で開くのは、初めての試みになります。

 がんばれ観音寺応援隊とは、観音寺市を全国に向けてピーアールするボランティアサポーターの名称です。要件は、(1)観音寺市に愛着を持ち、観音寺市のイメージや認知度を高める活動に積極的であること、(2)満18歳以上であること――で、その登録を観音寺市に申し込み、同市が適当と認めた場合に「がんばれ観音寺応援隊」の隊員として登録される、という仕組みです(詳細は下記アドレスご参照)。
https://www.city.kanonji.kagawa.jp/soshiki/21/725.html
 現在、がんばれ観音寺応援隊の登録者は118名で、うち関東周辺の在住者は26名となっています。

 今回の会合は約20人の規模が想定されていて、現時点で「がんばれ観音寺応援隊」の隊員でなくても、その登録を希望していれば出席することができます。
 なお、今回の会合の詳細、申込先/問合せ先は下記のとおりです。

    記

(がんばれ観音寺応援隊の情報交換会・懇親会)
●開催日時:平成30年2月24日(土)14時
●開催場所:東京グリーンパレス 地下1階「らん」
●所在地:東京都千代田区二番町2番地(地図等下記アドレス)
http://www.tokyogp.com/access/index.html
●会費:5,000円
●内容:市からの市政報告、意見交換、懇親会
●問合せ先/申込先:観音寺市経済部商工観光課
         (電話0875-23-3933)
●申し込みの期限:開催の約1週間前(2月14日頃)

 (以上)

井上員男展(1月20~27日)のご案内 牧潤二

2018/01/07 (Sun) 21:16:04

 版画家の井上員男氏(観一1回)の井上員男展が、1月20~27日に都下、国立市で開催されます。
 会場の画廊は、JR中央線・国立駅から徒歩5分程度のところにあります。近くを通る機会がありましたら、どうぞ、お寄りください。
 詳細は下記のとおりです。

(井上員男展)
●会期/日時:2018年1月20日(土曜)~27日(土曜)
       午前11時~午後6時(最終日は午後4時30分)
●会場:画廊「岳」(1F) 電話042-576-9909 
●所在地:東京都国立市東1-14-17 (JR中央線・国立駅下車約5分)
●会場の地図等:下記アドレス
http://garogaku.com/access.html
●会場のホームページ:下記アドレス
http://garogaku.com/
●展示される主な作品:日本の城シリーズ、山の花シリーズ、野の花など

 (以上)

燧句会(1月12日)のご案内 牧潤二

2018/01/07 (Sun) 21:12:58

 観一同窓会東京支部の公認クラブである燧句会が、1月12日に都内で開かれます。
 俳句あるいは「燧句会」に関心があったり、場合によっては参加してもよいとお考えの同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、この定例句会(詳細下記)に、見学者として参加ください。その場合は、メール(アドレス下記、牧潤二宛)で事前に連絡をいただければ幸いです。
beatexpress@outlook.com
 また、投句のルールも整備し、「兼題1句以上、当季雑詠合わせて3句投句」としています。投句の場合は当面、会費は無料の扱いとしています。その手段はメール、郵便、FAXのいずれでもかまいませんが、句会の前々日(1月10日)までに送付ください。詳細につきましては、メール等(上記アドレス)でお問い合わせ下さい。
●燧句会(1月定例)
・日時:2018年1月12日(金曜)午後2時~5時
・兼題:笹鳴
・会場:世田谷文学館・講義室(2階) (電話03-5374-9111)
・所在地:東京都世田谷区南烏山1-10-10
 (最寄り駅:京王線「芦花公園」駅下車、徒歩5分)
・地図等:下記アドレスのホームページご参照
http://www.setabun.or.jp/index.html
・参加費:無料

(以上)

燧句会(12月5日)遠距離介護交流支援会(12月17日)ご案内 牧潤二

2017/11/27 (Mon) 22:20:57

 観一同窓会東京支部の公認クラブである、(1) 燧句会、(2) 遠距離介護支援交流会が、下記の日程・会場で開催されます。
 いずれの会も、見学としての参加も大歓迎です。また、燧句会におきましては、投句も受け付けています。
 それぞれ、詳細は下記のとおりです。
 
 1.燧句会(12月5日午後2時から)
 俳句あるいは「燧句会」に関心があったり、場合によっては参加してもよいとお考えの同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、この定例句会(詳細下記)に、見学者として参加ください。その場合は、メール(アドレス下記、牧潤二宛)で事前に連絡をいただければ幸いです。
beatexpress@outlook.com
 また、投句のルールも整備し、「兼題1句以上、当季雑詠合わせて3句投句」としています。投句の場合は当面、会費は無料の扱いとしています。その手段はメール、郵便、FAXのいずれでもかまいませんが、句会の前々日(12月3日)までに送付ください。詳細につきましては、メール等(上記アドレス)でお問い合わせ下さい。
●燧句会(12月定例)
・日時:平成29年12月5日(火曜)午後2時~5時
・兼題:熱かん(ヒレ酒、卵酒なども可)
・会場:世田谷文学館・講義室(2階) (電話03-5374-9111)
・所在地:東京都世田谷区南烏山1-10-10
 (最寄り駅:京王線「芦花公園(ろかこうえん)」駅下車、徒歩5分)
・地図等:下記アドレスのホームページご参照
http://www.setabun.or.jp/index.html
・参加費:無料


2.遠距離介護交流支援会(12月17日午後1時から)
 クラブ活動といっても、決して堅苦しい集まりではありません。介護あるいは遠距離介護を実践していたり、介護や「地域包括ケア」、在宅医療などに関心がある同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、会場にお越し下さい。会員/非会員といった厳密な区別はなく、自由に参加できる集まりとしています。
 遠距離介護支援交流会は原則として2カ月に1回(偶数月)、第3日曜日に開催することとし、下記のとおり、年内最後の会合を12月17日(日曜)午後1時から開きます。
 なお、今回の会場の上限は12名ですので、事前にメール等で「出席」の連絡をいただければ幸いです。
●遠距離介護支援交流会(平成29年第5回)
・世話人:長谷川澄治氏(観一19回)、牧潤二(観一20回)
・日時:平成29年12月17日(日曜)午後1時~3時
・会場:喫茶室ルノアール・大久保店 会議室(マイスペース)1号室 (上限12名)
・所在地:東京都新宿区百人町1-18-8 大久保角ビル2階 (電話3368-2209)
 (JR大久保駅徒歩2分、JR新大久保駅徒歩7分)
・参加の費用:飲み物代(約600円)だけ自己負担をお願いいたします
・参加の申し込み/問い合わせなど:下記のメールアドレスに
beatexpress@outlook.com(当日の世話人/幹事長・牧潤二宛)
・当日の直接的連絡:携帯電話070-5541-1071(上記、牧潤二宛)
・会場の予約者名(ドアの表示):観一同窓会東京支部
◎今回の主な内容:
 (1) 各人の取り組み(近況)の報告
 (2) 今年の締めくくりとして、活動内容をホームページにアップする件
 (3) 来年のスケジュールと取り組みについて
 (4) 話題提供として、診療報酬・介護報酬の同時改定の見通し、最近公布された介護関連の重要な法令、ほか
 (5) その他

  (以上)

太田和久氏(観一15回)所属の取手男声合唱団が9月24日に定期演奏会 牧潤二

2017/09/18 (Mon) 11:03:02

 観一15回幹事(東京支部)の太田和久氏が所属する取手男声合唱団が第13回定期演奏会(創立30周年記念)を、9月24日(日)に取手市民会館大ホールで開催します。
 太田和久氏からは「取手は上野から常磐線快速で40分程度と近く、会場の取手市民会館もJR取手駅より徒歩15分です。利根川の河川敷の散策も気持ちよいです」とのメッセージをいただいています。
 今回の定期演奏会の詳細は下記のとおりです。

【取手男声合唱団 第13回定期演奏会(創立30周年記念)】
●日時:2017年9月24日(日)
 開場:13:30  開演14:00
●主な曲目:オープニング「人間っていいな」、「道」(ロシア民謡)、第1部「ドイツ合唱名曲集」、第2部「ビートルズ名曲集」、「赤い鳥小鳥」(北原白秋童謡詩集)ほか
●会場:取手市民会館大ホール
   TEL0297-73-3251
●所在地:茨城県取手市東1-1-5 (地図等下記アドレス)
http://733251.o.oo7.jp/kaikan/annaizu.htm
●入場料:全席自由500円(まず太田和久氏にご連絡を)
●太田和久氏の連絡先:kazuhisa_oota@zaq.ne.jp
●取手男声合唱団のホームページ:下記アドレス
http://www.geocities.jp/toridedansei/tmc.html

同窓会誌『燧』の発送作業(9月30日)のボランティアを募集します 牧潤二

2017/09/07 (Thu) 00:36:54

 観一同窓会東京支部では、会誌『燧』等の発送作業を、9月30日(土)13時~17時に、同窓会東京支部(東京都新宿区百人町1-5-13-106・牧事務所)で行います。
 従来、この種の作業は同窓会東京支部の幹事の皆様に義務的に行っていただいていたのですが、老年と呼ばれる年齢に達する幹事の皆様も増え(体力的にキツい状況になりつつあり)、しかも今年はその作業が少し複雑になるうえ、作業をする場所も狭いので、その作業は15名のボランティア(志願者)で行うこととし、その募集を始めさせていただきます。
 
 このボランティアは、同窓会東京支部の一般の同窓会員の皆様も対象です。また、5人(詳細下記)でチームを作っての応募も大歓迎です。
 当日(9月30日)のスケジュール感は、13時に同窓会東京支部に集まり、5人一組で3チーム(計15名)を作り、それぞれのチームに執行部の者が1名付き、流れ作業のスタイルで、17時には確実に終了する、というものです。作業の状態が何であれ、17時でボランティアの皆さんの作業は終了しますので(作業が残った場合は執行部の者が引き継ぎます)、同日夜は自由に予定を組んでください。

 なお、お礼の意味で、作業の終了後には、軽食を出させていただきます(お持ち帰りいただいてもかまいません)。

 以上のようなボランティアに応募してよいという場合は(問い合わせも含めて)、メールで、下記アドレスにご連絡ください。もちろん、当日において急用ができたような場合は、欠席いただいて何の問題もありません。
beatexpress@outlook.com (幹事長・牧潤二 宛)

 なお、ボランティアの応募が15名を大きく超えるような場合は、若い人から順にお願いをさせていただく予定です。

白川名誉会長が9月7日午後7時からBS朝日「渥美清~知られざる寅さんとの闘い~」に出演 牧潤二

2017/09/05 (Tue) 22:14:27

 白川文造氏(観一6回、名誉会長)が9月7日(木)午後7時からのBS朝日の番組ザ・ドキュメンタリー「渥美清~知られざる寅さんとの闘い~」に出演し、渥美清についてコメントします。

 同番組について、BS朝日のホームページでは、次のように紹介しています。

 出会う人たちみんなに明るく接し、しゃべり上手。これが映画「男はつらいよ」の中に出てくる主人公・寅次郎のイメージだ。実際、寅次郎を26年間演じ続けた渥美清は、話術の達人だった。渥美清、本名・田所康雄は幼い頃から病弱で、学校に満足に通えず、話がうまいことだけが取り柄。そして、戦後の貧しい時代に、上野の闇市で出会ったのが、映画「男はつらいよ」で披露される、あの売り口上だ。渥美清の人生には、寅さんになるための原石がちりばめられている。やがて、寅さんという当たり役に出会い、田所康雄、渥美清、車寅次郎という3つの顔を持つようになった。渥美清が脱・寅さんを目指した先にたどり着いた境地とは-。今回は、寅さんのマドンナ役を演じた女優・音無美紀子が、知られざる渥美清の素顔に迫る。

 同番組の番組ホームページのアドレスは下記のとおりです。
http://www.bs-asahi.co.jp/documentary/

会誌『燧』の「食べ物」にまつわるエッセイ等、締め切りは7月末日 牧潤二

2017/07/16 (Sun) 20:57:02


 今年度(平成29年度)の観一同窓会東京支部会誌『燧』では、食べ物をテーマとした特集を組み、食べ物にまつわるエッセイなどを広く募集しています。
 その詳細は下記のとおりで、最終的な締め切りは7月末日(必着)です。どうぞ、気楽にご執筆、遠慮なく寄稿ください。

     記

【お寄せいただきたい原稿】 
1.特集関係:
 ●食べ物にまつわるエッセイ等(400~500字程度、あれば写真1点)
 ●例えば、(1)自慢のレシピ、(2)なつかしの郷土料理レシピ、(3)私が食べた○○料理、(4)銘菓/菓子類の紹介、(5)故郷あるいは関東地域のお店の紹介、(6)その他さまざまな視点・切り口で。
  ※ ワープロ(ワード、一太郎など)のファイル、ワープロ専用機でプリントアウト、原稿用紙使用の手書き、いずれでもかまいません。

2.一般原稿
 (1) 上記「特集」(食べ物)以外のテーマでのエッセイ等(500~1,400字程度、別途写真1点程度の掲載可能)
 (2) 活躍・活動する同窓会員についてのリポート(1,000~1,400字程度、別途写真1点程度の掲載可能)
 (3) 従前からの「ちょっと良い話」に相当する話題(400~500字程度)
 (4) 俳句(5~6句を目安に)、短歌(5~6首を目安に)
 (5) 「同窓会報告」(1,000~3,000字、別途写真1点程度)

3.締め切り
 平成29年7月31日(月)必着

 4.問合せ/原稿の送付先
 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-5-13-106
 観一高同窓会東京支部 (TEL/FAX 03-6457-6077)
 メールで送付の場合 beatexpress@outlook.com 
 ※ 原稿を受け付けましたら、必ず、ご連絡(返信)いたします。

 5.「特集」に関する参考情報
 このほど、ある年次の皆様から、「銘菓 観音寺」について、下記のような趣旨の情報が寄せられました。「食べ物」特集でのエッセイにつきましては、もちろん、このような内容でかまいません。

 (「銘菓 観音寺」についての情報)
 「銘菓 観音寺」が横浜で購入できます。
 半年くらい前に会社の元同僚から四国の菓子「観音寺」が横浜市都筑区都筑区中川中央1丁目31-1-1の都筑阪急百貨店で売っているという情報があり、観一○○回の人たちにはメールしました。
 所用で近くに出かける機会があり、初めて立ち寄ってみました。交通の便が横浜市営地下鉄しかなく、やや不便です。
 地下食品売り場・銘菓銘品コーナーで販売されていました。日曜日10時半頃寄ったのですが、一包(5個セット、簡易包装515円)しか残っていませんでした。店員さんの話では、毎土曜日10時から発売で5個セット30本が入荷するとのとです。価格が手頃なのか、3包、4包まとめて購入される方が多く、売れ行きは好調とのことでした。
 誰が買うのか分かりませんが、売れ行き好調とは嬉しいものです。
 饅頭一個に懐かしさ感じ、故郷を思い出すのは老いの証拠でしょうか。
 なお、購入に当たっては、電話(045-914-1055)で、同百貨店食品サービスカウンターに発売時期等、確認をお願いいたします。

 (以上)


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.