お知らせ、情報(意見)交換など、自由に活用ください。 (観一同窓会東京支部公式ホームページ管理者)

観一同窓会東京支部掲示板

31722
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

燧句会(7月16日)のご案内 牧潤二

2019/07/11 (Thu) 23:03:27


 観一同窓会東京支部の公認クラブである燧句会による7月度の句会が、下記の日程・会場で開催されます。
 俳句あるいは「燧句会」に関心があったり、場合によっては参加してもよいとお考えの同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、この定例句会(詳細下記)に、見学者として参加ください。その場合は、メール(アドレス下記、牧潤二宛)で事前に連絡をいただければ幸いです。
beatexpress@outlook.com
 投句のルールも整備し、「兼題1句以上、当季雑詠合わせて3句投句」としています。投句の場合は当面、会費は無料の扱いとしています。その手段はメール(上記アドレス)、郵便、FAXのいずれでもかまいませんが、句会の前々日(7月14日)までに送付ください。
 これまでの燧句会の最高得点句・次点句につきましては、同窓会東京支部のホームページでの燧句会のページ(下記アドレス)に掲載していますので、ご覧ください。
http://kan1.jp/hiuchi-kukai.html

 なお、今年度の同窓会誌『燧』の「短歌・俳句・川柳」のページにおいて、俳句ほか短歌、川柳の作品(一人3首、3句程度)を、7月末まで受け付けていますので、遠慮なく、投稿してください。

●燧句会(2019年7月定例)
・日時:2019年7月16日(火曜)午後3時~5時
・兼題:「海の日」
・会場:ルノアール日本橋高島屋前店 [1号室]
    東京都中央区日本橋2-3-6 日本土地ビル地下1階
   地下鉄銀座線日本橋駅B3番出口出て左手の交差点を右折し日本橋南郵便局の前地下1階(地図:下記アドレス)
https://www.ginza-renoir.co.jp/shopsearch/shops/view/39
    電話番号 03-3272-8048
・参加費:1,000円程度(お茶代含む)

 (以上)

書家の荒井紫峰氏(観一17回)が7月3日12時30分からFM放送出演 牧潤二

2019/07/01 (Mon) 21:54:49


 同窓会東京支部会誌『燧』の題字を揮毫いただいた、書家の井紫峰氏(観一17回)が7月3日(水)12時30分から6分間、東京都府中市にあるFM放送局「ラジオフチューズ」(87.4MHz)の番組に出演。荒井紫峰氏の「書はこころ」のコーナーで、お話をします。
 また、荒井紫峰氏は今後、同放送局の番組で、パーソナリティを務める予定です。

 「ラジオフチューズ」(87.4MHz)のホームページ・アドレスは、下記のとおりです。番組表(タイムテーブル)も、そこから閲覧できます。
https://www.radio-fuchues.tokyo/

 なお、「ラジオフチューズ」のFMの電波が届くのは東京都府中市と周辺の市の一部で、電波は東京23区に届きませんが、全国のFM放送局のインターネットでのポータル・サイト「Listen Radio(リスラジ)」(下記アドレス)で「ラジオフチューズ」を聴くことができます。また、そこからアプリをダウンロードすると、スマホで聴くことができます。
http://listenradio.jp/

  (以上)

令和元年度の会誌『燧』の原稿募集中、遠慮なく寄稿を! 牧潤二

2019/06/21 (Fri) 22:51:21


 令和元年度の観一同窓会東京支部会誌『燧』の原稿を7月末まで募集します。
 まず、特集として、オリンピックあるいはパラリンピックにまつわるエッセイを募集しています。
 また、特集以外のページでは、ノンフィクション(ルポ)、評論、エッセイ、小説、俳句・短歌、マンガ、写真など、さまざまなジャンルの作品を掲載することが可能です。
 その詳細は、下記のとおりです。

 1.編集方針
 今年度の編集方針の特徴は、①同窓会東京支部の主要な目的の一つである「後進者を誘掖し、その進路を啓くこと」(会則第4条第2号)の趣旨を踏まえて、創作活動等に取り組む若手会員を世に送り出すためのページ、②本気で書いた面白い(興味深い)原稿を掲載するページ、③「年次(学年)短信」として各回幹事の皆さんに書いていただくページ、を用意したことです(下記概要)。

 ①は、同窓会として世に送り出す若手の原稿(作品)を載せます。小説、ルポ、評論、写真、マンガなど、ジャンルを問いません。例えば、QRコードを掲載し、YouTubeなどを連動させれば、音楽の分野にも対応が可能です。また、①の執筆者等の対象は、観一同窓会の支部のない地域(東海、北陸、東北、北海道)にまで広げます。

 ②は、上記①には相当しない方々(プロ・アマ問わず)が本気で書いた(表現した)ページで、例えば未発表の短編小説、特ダネ的なレポート、マンガ、写真ほかが想定されます。また、②の執筆者等の対象は、観一同窓会の支部のない地域(東海、北陸、東北、北海道)にまで広げます。

 ③の「年次(学年)短信」の狙いは、従来からの「同窓会報告」は実際に同窓会を開いている限られた一部の年次になるので、同窓会を開いていない年次の方々に、短信(約200~400字、種々の話題)を書いていただく、というものです。例えば、(a)よく集まって居酒屋の○○に行っている、(b)新任の幹事の自己紹介、(c)会員の家族(同窓会員でない人)の良いニュース、(d)「東京支部総会に参加しよう!」といった呼び掛け――などが、想定されます。なお、実際に開催した同窓会についてのリポートは、ここではなく、別途用意している「同窓会報告」のページ(原則2ページ)に掲載することになります。

 2.募集している原稿
 ●特集関係
 ・特集の「オリンピック、パラリンピック」にまつわるエッセイなど。
 例えば、1964東京オリンピックの思い出▽聖火リレーや役員・スタッフとして関わった▽これまででもっとも印象に残った大会・シーン▽めざすぞ!2020&2024▽2020にボランティアとして参加します!▽見たい、この競技、あの選手▽チケット予約への奮戦記――など、オリンピックやパラリンピックに関係する内容であれば、なんでもかまいません。
 上記の原稿は、見出し25文字以内、本文500文字以内、原稿内容に関わる写真1~2点、現在の顔写真。

 ●特集的な新企画
 (1)若手会員を世に送り出すためのページ(前述)
 (2)本気で書いた原稿のページ(前述)

 ●レギュラー記事
 (1) エッセイ、リポートなど一般記事(原則2ページ、顔写真入り)の投稿を、これまでどおり受け付けます。
 (2)「短歌・俳句・川柳」(従前の短歌・俳句のページに「川柳」を追加)、「ちょっと良い話」、「新刊のご案内」、同窓会報告、各公認クラブからの報告のページは継続しますので、原稿をお寄せください。

 ●締め切り/送付先等
 上の原稿(寄稿)につきましては、いずれも締め切りは7月末とさせていただきます。メール添付(ファイル)での送付は、junji@maki.press(編集長の牧潤二宛)にお願いいたします。
 また、原稿(寄稿)に関する相談等は、どうぞ遠慮なく、メール(上記アドレス)あるいは電話/FAX(03-6457-6077、同窓会東京支部)で、連絡ください。

 3.基本レイアウト等について
 基本となるレイアウトは、1ページが23字×37行×横2段で1702文字となりますが、タイトル、氏名などを入れますので、最初の1ページ目は1,200字、2ページ目以降は1,600字を目安としてください。
 「巻頭言」など一部の記事は他のレイアウト(2段組以外)、俳句・短歌などは縦組みを想定しています。
 ワープロソフトでの設定は、横2段組にこだわらず、1行23字に設定しておいていただければ結構ですが、なるべく1マス1文字になるように、フォントはP(プロポーショナル)の付かないもの(例えば「MS P明朝」ではなく「MS明朝」)を使ってください。また、写真(画像ファイル)はワードファイルなどに埋め込んでもかまいませんが(解像度が低下する可能性があるので)、別途、独立した画像ファイル(jpegファイルなど)として高解像度のものを添付してください。
 執筆に当たっての編集上の基本的ルールは次のとおりです。
 ○ 改行した場合(段落を改めた場合)、1行目は1字下げます(1マス空けます)。
 ○ 原則として算用数字(半角)を使用し、3桁ごとに位取りの半角カンマを入れます。ただし、桁が大きい場合は「万」「億」「兆」などの単位を付け、この場合は位取りの半角カンマは入れません。実際に「万」、「億」「兆」などの単位を付けるかどうかは、執筆者が内容・文脈で判断してください。
 ○ 成句や慣用句などは漢数字とします。例えば「数10人」ではなく「数十人」。
 ○ 句読点は、原則としてテン(、)、マル(。)を使います(カンマ、ピリオドは使いません)。

  (以上)

遠距離介護交流支援会(6月16日13時~)ご案内 牧潤二

2019/06/09 (Sun) 21:27:32


 観一同窓会東京支部の公認クラブである遠距離介護支援交流会が、6月16日(日)13時から開催されます。詳細は下記のとおりです。
 遠距離介護支援交流会は原則として2カ月に1回(偶数月)、第3日曜日に開催することにしています。
 これは、クラブ活動といっても、決して堅苦しい集まりではありません。介護あるいは遠距離介護を実践していたり、介護や「地域包括ケア」、在宅医療などに関心がある同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、会場にお越し下さい。会員/非会員といった厳密な区別はなく、自由に参加できる集まりです。
 なお、ご出席の場合は、事前にメール等で連絡をいただければ幸いです。

●遠距離介護支援交流会(2019年第3回)
・世話人:長谷川澄治氏(観一19回)、牧潤二(観一20回)
・日時:2019年6月16日(日曜)13時~15時
・会場:喫茶室ルノアール・大久保店 会議室(マイスペース)1号室
・所在地:東京都新宿区百人町1-18-8 大久保角ビル2階 (電話3368-2209)
 (JR大久保駅徒歩2分、JR新大久保駅徒歩7分)
・参加の費用:飲み物代(約600円)だけ自己負担をお願いいたします
・参加の申し込み/問い合わせなど:下記のメールアドレスに
beatexpress@outlook.com(当日の世話人/幹事長・牧潤二宛)
・当日の直接的連絡:携帯電話070-5541-1071(上記、牧潤二宛)
◎今回の主な内容:
 (1) 各自の近況報告、情報交換
 (2) 2019年後半のテーマについて
 (3) 2019年度の『燧』での記事執筆について
(4) 話題提供として、6月3日に厚生労働省が策定した「身寄りがない人の入院及び医療に係る意思決定が困難な人への支援に関するガイドライン」、同省が5月29日に取りまとめた「健康寿命延伸プラン」、「医療・福祉サービス改革プラン」、今国会で成立した「成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律」(成年後見制度での欠格条項の廃止)などについて

  (以上)

観一20回の2氏ほかによる「童話展」が6月3~10日に 牧潤二

2019/06/01 (Sat) 21:55:42

 「書きおろし童話展2019 ―新作童話にイメージ画を添えて―」が6月3(月)から10日(月)まで、東京・渋谷区道玄坂で開かれ、昨年に引き続き、観一同期(20回卒)の真鍋茂明氏(画家、同窓会本部・会計監査)、すぎもとれいこ(杉本礼子)氏(作家)のコラボレーションで、新作童話とイメージ画が展示されます。
 会場は交通の便の良いところですので、近くを通る機会がありましたら、どうぞ、お寄りください。
 その詳細は下記のとおりです。

[書きおろし童話展2019]
●会期:2019年6月3日(月)~10日(月)
    11時~18時(初日14時から/最終日17時まで)
●会場:アートギャラリー道玄坂 (電話0120-236-224)
●所在地:東京都渋谷区道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂102
 渋谷駅直結「渋谷マークシティ」4Fの246側出口を出て右手のビル
●会場のアートギャラリー道玄坂のホームページ:下記アドレス
http://www.artshibuya.com/
●主催:日本児童文芸家協会
●日本児童文芸家協会「書きおろし童話展2019」ホームページ:下記アドレス
http://www.jidoubungei.jp/cn9/pg47703.html
◎真鍋茂明氏(観一20回)は、最終日の6月10日(月)午後に在廊の予定です。

 (以上)

燧句会(5月14日)、『燧』編集(企画)会議(5月18日)ご案内 牧潤二

2019/05/09 (Thu) 22:22:26


 観一同窓会東京支部の公認クラブである燧句会による5月度の句会、一般の同窓会員の皆様を対象とした『燧』の編集企画会議が、それぞれ下記の日程・会場で開催されます。
 いずれの会/会議も、見学としての参加も大歓迎です。また、燧句会におきましては、投句も受け付けています。
 それぞれ、詳細は下記のとおりです。
 

1.燧句会(5月14日 午後3時から)
 俳句あるいは「燧句会」に関心があったり、場合によっては参加してもよいとお考えの同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、この定例句会(詳細下記)に、見学者として参加ください。その場合は、メール(アドレス下記、牧潤二宛)で事前に連絡をいただければ幸いです。
beatexpress@outlook.com
 また、投句のルールも整備し、「兼題1句以上、当季雑詠合わせて3句投句」としています。投句の場合は当面、会費は無料の扱いとしています。その手段はメール、郵便、FAXのいずれでもかまいませんが、句会の前々日(5月12日)までに送付ください。詳細につきましては、メール等(上記アドレス)でお問い合わせ下さい。
 なお、前回までの燧句会の最高得点句・次点句につきましては、同窓会東京支部のホームページでの燧句会のページ(下記アドレス)に掲載していますので、どうぞ、ご覧ください。
http://kan1.jp/hiuchi-kukai.html
●燧句会(2019年5月定例)
・日時:2019年5月14日(火曜)午後3時~5時
・兼題:「新茶」
・会場:ルノアール日本橋高島屋前店 [1号室]
    東京都中央区日本橋2-3-6 日本土地ビル地下1階
   地下鉄銀座線日本橋駅B3番出口出て左手の交差点を右折し日本橋南郵便局の前地下1階(地図:下記アドレス)
https://www.ginza-renoir.co.jp/shopsearch/shops/view/39
    電話番号 03-3272-8048
・参加費:1,000円程度(お茶代含む)


 2.『燧』の編集(企画)会議(5月18日12時30分から)
 観一高同窓会東京支部では、会誌『燧』の編集企画のための会議(2019年第3回)を、5月18日(土)12時30分~14時に、同窓会東京支部事務局(牧事務所)で開催します。詳細は、下記のとおりです。
 これは編集企画会議といっても、決して堅苦しいものではありません。
 2019年度の会誌『燧』に関して、例えば、(1)まずは『燧』編集に関する話を聞きたい、(2) 編集という業務に少し関心がある(できれば編集技術を身につけたい)、(3) 提案したい企画がある、(4)書いてみたいテーマがある、(5)すでに「作品」(写真、絵画なども含む)があるので誌上で発表したい、(5)『燧』の電子化(ホームページ、SNS含む)に関わりたい――といった場合は、どうぞ気軽に、この編集企画のための会議に出席してください。
 提案いただいたアイデア・企画、執筆テーマ等は、極力、実現する方向で検討いたします。
 当日は、お茶を飲みながら、リラックスして、面白い記事企画を作りあげることができれば、と考えています。
 なお、ご出席の場合、あるいは出席はできないが提案したい編集企画等がある場合は、下記アドレス(牧潤二・東京支部幹事長宛)にメールで連絡をいただければ幸いです。
beatexpress@outlook.com
●『燧』の編集(企画)会議
(主催:同窓会東京支部『燧』編集委員会)
・日時:2019年5月18日(土)12時30分~14時
・会場:観一同窓会東京支部事務局(牧事務所)
・所在地:東京都新宿区百人町1-5-13 グレイスコート新宿106(牧事務所)
 JR新大久保駅(山手線)、JR大久保駅(中央・総武線)いずれからも徒歩4分
・場所等がわからないときの連絡先:携帯電話070-5541-1071(牧潤二・東京支部幹事長宛)

 (以上)

「夏見写真クラブ」写真展(5月6日~)、「狩野裕子展」(5月13日~)ご案内 牧潤二

2019/04/26 (Fri) 21:28:26

 観一同窓会東京支部会員の加藤忠道氏(観一11回)が出展する34周年「夏見写真クラブ」写真展、洋画家の狩野裕子氏(観一25回)の「狩野裕子展 花を描く」が、それぞれ5月に、下記の日程・会場で開催されます。
 近くを通る機会がありましたら、どうぞ、お寄りください。


 1.34周年「夏見写真クラブ」写真展(観一11回・加藤忠道氏出展)
●日時:2019年5月6日(月)~12日(日) 10時~17時
    (初日は13時より、最終日は16時)
●場所:船橋市民ギャラリー(スクエアー3F)第2展示場
    (電話047-420-2111)
●所在地:千葉県船橋市本町2-1-1船橋スクエア21ビル3階
◎備考:加藤忠道氏は、「父母ヶ浜」の落日など、「父母ヶ浜」をテーマとした作品4点ほど出展の予定。また、5月6日午後、11日・12日午前、会場でいらっしゃる予定です。


 2.「狩野裕子展 花を描く」(観一25回・狩野裕子氏の個展)
●会期:2019年5月13日(月曜)~5月18日(土曜)
    11時~18時30分(初日14時より、最終日16時まで)
●内容:「コスモスの頃」(ちょうさを登場させた作品)ほか、花の作品
●会場:ギャラリー渓(けい)
●所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-6-3 石塚ビル9F
  (JR新宿駅東口から徒歩4分、靖国通り沿い、新宿区役所近く)
●電話:03-3209-5676
◎メッセージ:
 今回の個展について、狩野氏から、次のようなメッセージをいただいています。
 「花を描く」と題しての個展で、いろいろな花を描いています。とても親しみやすいテーマですので、多くの方々に足を運んでいただければ幸いです。

 (以上)

燧句会(4月16日)、遠距離介護交流支援会(4月21日)ご案内 牧潤二

2019/04/07 (Sun) 19:13:15


 観一同窓会東京支部の公認クラブである、(1) 燧句会、(2) 遠距離介護支援交流会が、それぞれ下記の日程・会場で開催されます。
 いずれの会も、見学としての参加も大歓迎です。また、燧句会におきましては、投句も受け付けています。
 それぞれ、詳細は下記のとおりです。
 

1.燧句会(4月16日 午後3時から)
 俳句あるいは「燧句会」に関心があったり、場合によっては参加してもよいとお考えの同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、この定例句会(詳細下記)に、見学者として参加ください。その場合は、メール(アドレス下記、牧潤二宛)で事前に連絡をいただければ幸いです。
beatexpress@outlook.com
 また、投句のルールも整備し、「兼題1句以上、当季雑詠合わせて3句投句」としています。投句の場合は当面、会費は無料の扱いとしています。その手段はメール、郵便、FAXのいずれでもかまいませんが、句会の前々日(4月14日)までに送付ください。詳細につきましては、メール等(上記アドレス)でお問い合わせ下さい。
 なお、前回までの燧句会の最高得点句・次点句につきましては、同窓会東京支部のホームページでの燧句会のページ(下記アドレス)に掲載していますので、どうぞ、ご覧ください。
http://kan1.jp/hiuchi-kukai.html

●燧句会(2019年4月定例)
・日時:2019年4月16日(火曜)午後3時~5時
・兼題:「春の花」(春の花であればなんでもかまいません)
・会場:ルノアール日本橋高島屋前店 [1号室]
    東京都中央区日本橋2-3-6 日本土地ビル地下1階
   地下鉄銀座線日本橋駅B3番出口出て左手の交差点を右折し日本橋南郵便局の前地下1階(地図:下記アドレス)
https://www.ginza-renoir.co.jp/shopsearch/shops/view/39
    電話番号 03-3272-8048
・参加費:1,000円程度(お茶代含む)


 2.遠距離介護交流支援会(4月21日 午後1時から)
 遠距離介護支援交流会は原則として2カ月に1回(偶数月)、第3日曜日に開催することにしています。
 これは、クラブ活動といっても、決して堅苦しい集まりではありません。介護あるいは遠距離介護を実践していたり、介護や「地域包括ケア」、在宅医療などに関心がある同窓会員の皆様は、どうぞ気軽に、会場にお越し下さい。会員/非会員といった厳密な区別はなく、自由に参加できる集まりです。
 なお、ご出席の場合は、事前にメール等で連絡をいただければ幸いです。

●遠距離介護支援交流会(2019年第2回)
・世話人:長谷川澄治氏(観一19回)、牧潤二(観一20回)
・日時:2019年4月21日(日曜)午後1時~3時
・会場:喫茶室ルノアール・大久保店 会議室(マイスペース)1号室
・所在地:東京都新宿区百人町1-18-8 大久保角ビル2階 (電話3368-2209)
 (JR大久保駅徒歩2分、JR新大久保駅徒歩7分)
・参加の費用:飲み物代(約600円)だけ自己負担をお願いいたします
・参加の申し込み/問い合わせなど:下記のメールアドレスに
beatexpress@outlook.com(当日の世話人/幹事長・牧潤二宛)
・当日の直接的連絡:携帯電話070-5541-1071(上記、牧潤二宛)
◎今回の主な内容:
 (1) 各自の近況報告、情報交換
 (2) 2019年後半のテーマについて
 (3) 2019年度の『燧』での記事執筆について
(4) 話題提供として、2019年の通常国会に提出されている重要法案である「医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律案」、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律等の一部を改正する法律案」のポイント。また、最新の話題として、医師偏在指標(香川県、県西部ほか)、介護・認知症分野での人工知能(AI)活用について。

  (以上)

『燧』の編集(企画)会議を4月14日に開催、気軽にご出席を 牧潤二

2019/04/06 (Sat) 21:41:11


 観一高同窓会東京支部では、会誌『燧』の編集企画のための会議(2019年第2回)を、4月14日(日)12時30分~14時に、同窓会東京支部事務局(牧事務所)で開催します。詳細は、下記のとおりです。

 これは編集企画会議といっても、決して堅苦しいものではありません。
 2019年度の会誌『燧』に関して、例えば、(1)まずは『燧』編集に関する話を聞きたい、(2) 編集という業務に少し関心がある(できれば編集技術を身につけたい)、(3) 提案したい企画がある、(4)書いてみたいテーマがある、(5)すでに「作品」(写真、絵画なども含む)があるので誌上で発表したい、(5)『燧』の電子化(ホームページ、SNS含む)に関わりたい――といった場合は、どうぞ気軽に、この編集企画のための会議に出席してください。
 
 提案いただいたアイデア・企画、執筆テーマ等は、極力、実現する方向で検討いたします。
 当日は、お茶を飲みながら、リラックスして、面白い記事企画を作りあげることができれば、と考えています。

 なお、ご出席の場合、出席はできないが提案したい編集企画等がある場合は、下記アドレス(牧潤二・東京支部幹事長宛)にメールで連絡をいただければ幸いです。
beatexpress@outlook.com

   記

『燧』の編集(企画)会議
(主催:同窓会東京支部『燧』編集委員会)
●日時:2019年4月14日(日)12時30分~14時
●会場:観一同窓会東京支部事務局(牧事務所)
●所在地:東京都新宿区百人町1-5-13 グレイスコート新宿106(牧事務所)
 JR新大久保駅(山手線)、JR大久保駅(中央・総武線)いずれからも徒歩4分
●場所等がわからないときの連絡先:携帯電話070-5541-1071(牧潤二・東京支部幹事長宛)

 (以上)

高橋亜紀さん(観一49回)演奏のジャズコンサート(4月14日)のご案内 牧潤二

2019/04/05 (Fri) 22:36:01


 昨年(2018年)11月の観一高同窓会東京支部総会でエレクトーン奏者として活躍した高橋亜紀さん(観一49回、大阪市在住)が、オープニング・パフォーマンスとしてエレクトーンを演奏する「山崎梨奈の凱旋公演 プレミアムジャズコンサート」が、下記の日程・場所で開催されます。
 特にジャズの好きな同窓会員の皆様においては、注目のコンサートといえそうです。

 なお、昨年の同窓会東京支部総会の案内状での高橋亜紀さんの自己紹介は次のとおりです。
 「エレクトーンを楽しむ人の輪を広げたい、と生徒の指導と、様々な場所での演奏活動を行う。エレクトーン編曲や、エレクトーンでの弾語り、作曲家とのコラボをしている。日本で生まれた電子オルガン・エレクトーンと、地元香川県をはじめ日本の美しい風景、文化を広く伝えたい!と海外、アメリカ・ニューヨークでの演奏に向けてチャレンジ中!!」


【山崎梨奈の凱旋公演 プレミアムジャズコンサート】
オープニング・パフォーマンス エレクトーン演奏:
高橋亜紀さん(観一49回)
●日時:2019年4月14日(日)開演17時(開場16時40分)
●会場:赤坂ベヒシュタイン サロン
●所在地:東京都港区赤坂6-1-20 国際新赤坂ビル西館B1F
 (東京メトロ千代田線赤坂駅5b出口直結)
●チケット:3,500円
●主催:The Music Center Japan
●後援:(株)ベヒシュタインジャパン
●問合せ/申し込み
電話:0797-55-0730
e-mail info@tmcj.jp
URL http://tmcj.jp/

 (以上)


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.